moppy3のながらーずうぉー

無課金でながらサマナーズを楽しんでます

4番クリ率の使い方

みなさんこんにちは!

 

今回は4番クリ率の有効な使い方

について考えたいと思います。

 

そもそも、皆さん4番クリ率って余りませんか。

僕はなんとなく4番クリダメ信者で、4番クリ率は

妥協というイメージなんですよね。実際4番クリ率は

片っぱしから売るのでヒーロー以上しか手元にありません。

 

でも限られた手持ちの中で、どう組み合わせるかが

ルーンを考える楽しみかと思って、4番クリ率を考え直してみました。

 

なので、4番クリ率を普通に使ってるよ!

という方にとっては全く関係ない話になってしまいます。

ご容赦ください。

 

そもそも4番クリダメ80%と、4番クリ率59%で

21%の差があるので、4番クリ率の方が弱く見えますよね。

実際、同じクリ率100%なら4番クリダメの方が絶対に

ダメージが出ます。 

 

僕はサマナの設計上、4番クリ率をハズレ扱いにしているのかと

思っていましたが、多分こういうことだと思ったのが、

激怒ルーンで昔は巨人のダンジョンで出ていたんですよね。

それから考えるとこんな感じで

 

4番クリ率 59% + 激怒4セット 40% = 99%

4番クリダメ80% + 刃 4セット 24% =104% 

サブオプ上昇幅 クリ率4~6%、クリダメ4~7%

 

もとは4番クリ率は激怒で使うと、4番クリダメに刃を差した

場合と同じ価値だよ、というコンセプトなんだと思います。

その後に激怒ルーンが死ダンに行ってしまったので、

なかなか4番クリ率を激怒で組めなくなっちゃったのかなと。

 

また、ややこしいので最後に載せますが

アタッカーのサブオプを、あと10%上げることが出来る

という場合に、ダメージの期待値が上がるのは、

クリダメでも攻撃力でもなくクリ率なんですね。

 

だから4番クリ率と4番クリダメは同じ価値なんだけど

ダメージの期待値を上げたい場合は4番クリ率、

一撃必殺したい場合は4番クリダメ、そんな使い分けを

どうぞ、という設計になっているんだと思います。

 

そう考えると、上手にサブオプでクリダメを稼ぎながら

使ったら4番クリ率は妥協どころか、4番クリダメと

同様にとても価値のあるルーン、ということになりますね!

 

特に死ダンはステータスよりも暴走・反撃で組むことが重要です。

もし僕みたいに4番クリ率は弱そうだから叩いてもない、という

人が居たら、一度試してみたら意外と使えるかもしれません。

 

最後にまとめると

・4番クリダメ80%でクリ率確保できたらそっちの方が強いよ

・↑の手前では4番クリ率と4番クリダメは同じ位強いよ

・クリ率重視にするとダメージの期待値が上がるので周回に向くよ

・死ダンは暴走・反撃で組むことに意味があるので、

 今まで試してなかったら、試す価値はあるかもですよ

 

以上、長文失礼しました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

サマナのダメージ計算式

ダメージ = 総攻撃力 × 総クリダメ × スキル倍率 × 防御係数

 

246攻撃クリダメ攻撃、施設&スキルMAX、クリ率70%として

総攻撃力  =  63% + 63% + 施設MAX41% + 1番23% + 100% = 290%

総クリダメ =  50% + 80% + 施設MAX25% + スキルマ30% + 100% =285%

 

クリ時ダメージ = 290% ×285% × スキル倍率 × 防御係数

 

ステータスをあと10%上げれるという時に

総攻撃力290%→300%に上げてもダメージは3%しか増えませんが、

クリ率は 70% →  80%に上げるとダメージは8%増えます

 

細かく計算してしまいましたが、平たく言うと攻撃力は

偶数%や施設効果で200%近く増加した状態からの+10%だけど

クリ率はそもそも上げづらくて70%とかなので+10%すると、

大きな効果があるよという感覚であっていると思います。