moppy3のながらーずうぉー

無課金でながらサマナーズを楽しんでます

サマナーズ ルーンとステータスについて 初心者向け基礎知識

巨人10階を回れるようになってくると、効果抵抗の

星6ヒーローを引いたりしたときに、一応残しておいて

数か月経っても使わないと思うけど、捨てにくいという

ことで残ってたりしませんか。

 

そもそも効果抵抗や効果的中って使うの?という感覚の

人も居ると思いますので、ザックリ、誤解をおそれず

パシパシ整理してきます。

 

〇効果抵抗

 対人用です。対COM戦で効果抵抗が明確に必要なコンテンツは

 異界レイドしかありませんが、要求ステータスが高く6番ルーンに

 効果抵抗を付ける余裕はありません。対人では銀塀などの回復系デコイ

 に効果抵抗が必要なキャラが数名います。星6ヒーロー以上なら残して

 良いと思いますが、それもたくさんはいらないと思います。

 最も需要のないルーンの1つです。

 

〇効果的中

 カイロス、対人用です。先人達の研究のおかげで、巨人は的中45%

 (中ボスは85%)、ドラゴンは的中55%、死ダンは的中45%

 が必要と分かっています。それより10%でも低いと、抵抗値15%

 から抵抗値25%に上昇し、抵抗される確率が2倍になるので、結果

 に大きく影響します。カイロスではサブオプで的中を稼ぐのが普通ですが

 サポートキャラは死なずにデバフさえつけてくれれば良いので、他に良い

 ルーンを回す目的で6番的中をつけることはよくあります。対人では

 先手のデバフで仕事をしてほしい場合は限りなく85%に近づけたいです。

 そうした場合は6番が的中になるので、星6ヒーローならとっておいて

 良いと思います。抵抗についで需要の無いルーンです。

 

〇クリ率

 ヴェルデハイルやアーマンなどクリ率条件キャラ用です。余り居ない

 ので基本は需要がありません。それでもカイロス高速周回を始める頃

 からアタッカー用ルーンが必要になるときがあります。そんなときに

 本当はクリダメが良いけど、ないからクリ率を使うという2群ルーン

 の使い方をします。

 

〇クリダメ

 序盤では不要、終盤では必須の上級者向けルーンです。結局アタッカーは

 クリ率と速度を稼いだ前提で、4番クリダメを付けるのが最終形です。

 属性レイドの上級者のSSSのルーンを見ても6キャラ全員クリダメ型です。

 序盤はクリ率を稼げないので、無理に付けると弱くなる可能性があります。

 

〇攻撃速度

 序盤から終盤前半まで重要ルーンの1つです。サマナの最重要ステータス

 です。サポーターは2番速度が基本です。アタッカーでも水イフなど速度

 比例攻撃を持つアタッカーにお世話になると思います。星5と星6で上昇値

 が3しか変わらないので、星5でもサブオプが良ければ使います。一方で

 他のステータスに比べて上昇値が低く、上級者になるほど速度はサブオプ

 で稼いで2番は攻撃力などしっかりとしたルーンを付けている印象です。

 2番速度の使用頻度が多いので、全体的に2番ルーンが余りやすいです。

 

〇攻撃力

 最重要ルーンの1つです。4番攻撃はクリ率やクリダメと被るので、あまり

 がちです。逆に6番攻撃はアタッカーの数だけ必要になるので、不足します。

 6番は星5でもサブオプが良ければ残して良いと思います。

 

〇防御力

 コッパーなどの防御比例や、異界レイド・属性レイドの前衛に使います。

 以前は耐久といえば体力重視で余りがちなルーンでしたが、レイドの登場

 によってきれいに消化されるようになりました。基本的に防御力重視の

 キャラにとって攻撃力は死にステです。サブオプに攻撃力がついていても

 実数と読み替えましょう。

 

〇体力

 レイド前衛を除いて耐久といえば体力です。2つ理由があって、ルシェン

 など防御無視に耐えるため、防御デバフの影響を抑えるためです。上級者

 のサイトも見てもアタッカーもサブオプは防御力より体力重視です。一方で

 星3の体力比例キャラで優秀なものが少なく、良い体力ルーンは余りがち

 です。防御比例はコッパーを筆頭に水フランケン、火フランケンなどが

 いますが、体力比例は闇サーペント位しか思いつきません。対人で

 ルシェンのダメージを予想して最低体力を決めて運用している人は、僕より

 よく使うのかもしれません。